グループウェアを効率良く活用するために

グループウェアは多くの企業が導入するオンライン上の業務システムです。


主に共有することが目的となりますが、活用しきれない事例も多く見られます。
従業員が上手くグループウェアを使いこなせないこともありますし、またコストに見合わないという事例も良く見られます。これは搭載された機能を使っていないことが理由ですが、グループウェアサービスによっては必要な機能を選択することができるものもあります。
最低限のスケジュール共有とファイル共有くらいで充分という会社もあります。
メールは他のサービスで充分というケースも多いものです。

あるいはワークフローシステムを導入したものの、会社の業務の流れに合わないということもあります。
そこで、まずはグループウェアを導入する上で、何を必要とするのかを従業員を交えて意見交換することが大事です。

決して経営者の独断で決めないことが大切です。



そして運用してみて合わないという意見が出るようならば、他のサービスを検討することも大事です。
そのためには、クラウドを利用した導入が簡単なものを利用するのもひとつの手段です。

そしてしばらく運用した上で、専用のシステムを組んでもらうのも検討の価値があります。



多くのグループウェアは汎用性が高く、どんな会社でも使える反面、使い勝手をカスタマイズできるものは少ないからです。

いずれにしても幾つかの選択肢があるので、試しながらも無理も無駄も無い形で運用できるものを選ぶことが大事です。

wikipediaのホームページをチェックしましょう。