意外と知らないお歳暮の贈り方

subpage1

日本独自の文化として根付いているお歳暮。
その存在は知ってはいても、世話になった人に何か物を贈っておけば良い、と安易に考える人が増えているのも現状です。

最低限知っておくべきマナーがいくつか挙げられます。


まず、贈り物をする時は裸で渡すわけにはいきません。
熨斗紙などが必要です。


本来は紅白の蝶結びの水引を使用しますが、近年では簡易的なものも増え、これでも失礼にはあたりません。


水引の上部分にお歳暮、御歳暮と入れます。


その横にはいわゆる熨斗が入ります。下部分には名前を入れます。
お歳暮という言葉には、これからもよろしくお願いします、つまり、今後も贈りますよという意味が込められるので、その年一度きりという場合にはお礼と名字が良いです。渡し方にもマナーがあります。


会って渡す、が基本ですが、近年では送付する場合も目立ちます。
ただその中でも、特にお世話になった人にはやはり、直接会ってお礼と感謝を述べた上で渡したいです。

お歳暮についての詳細な情報を知りたいならおオススメのサイトです。

事前に相手のスケジュールを確認した上で伺えれば良いのですが、そうでない場合もあります。そんな時は玄関先で渡して、すぐに失礼するのがマナーです。
また、送付する場合は送り状を送っておくのもマナーです。



贈り物が届く前のタイミングで届くよう手配しておくと良いです。



お歳暮はお世話になった人に対して感謝の気持ちや、今後ともお付き合いをよろしくお願いしますという思いを込めて贈るものです。相手の気持ちをよく考えて贈るのは当然のマナーなので、正しい知識を身につけることはとても重要です。