グループウェアをもっと便利に

グループウェアは多くの業者がサービス提供しています。

オーダーメイドでシステムを構築する以外にも、汎用性の高いシステムをクラウドで提供するものは、必要なソフトウェアを入れるだけで使用できるようになります。

グループウェアの機能としては、メールやスケジュール共有、ワークフローなど多くの機能が用意されています。

全ての機能が用意されたパックもありますが、導入するにあたり必要なものだけを選ぶことで無駄なコストを抑えることができます。
実際に業務効率を高めるために必要なものが何かを把握することが大事です。

できれば利用する従業員からの意見を参考に、絞り込むことが望まれます。

それに加えてどう活用するのかを検討する際に、実例を参考にするのも有効です。


例えばファイル共有はどのような書類を対象とするのかが挙げられます。

マニュアルはもちろんのこと、普段の業務で必要となる書類を誰もが簡単に共有できるようにする仕組みを作っておくことが大事です。

それを可能とするサービスを提供する業者を選ぶことも必要です。


同じメール機能やスケジュール共有管理であっても、使い勝手は異なるものです。

wikipediaに関する情報です。

例えばスケジュールの過去のデータを利用して、作業手順などを効率化するような工夫をする場合があります。


そのような時には、過去のデータをエクスポートする機能が必要となります。



そのような細かな点で事前にグループウェアの機能面の調査をしておくことも大事なことです。